FC2ブログ

Stage3:Excariver-蒼き剣士-

前回砂漠を突っ切り、とにかく爆走したユウナたち(主にトリンガー)
彼らの目に現れたのは、墜落した巨大な人工衛星・・・!!
「・・・これ・・・が・・・」
「SOADの本拠地ってワケか・・・!」
わくわくしながら、トリンガーは意気込んだ。
ここがSOADの本拠地。『エクスカリバー』。

Stage3:Excariver-蒼き剣士-

「とにかく入ろうぜ。」
「・・・どうやって?」
意気込むトリンガーにユウナがさらっと突っ込む。
たしかに、入り口らしきものは、無い。
「なに言ってんだよ!・・・入り口が無いなら作りゃいいんだ」
まあその後の展開は兼ね予想どうりといったところか。

ズドーン!!!!

そんなわけで、エクスカリバーの側面には風穴が開けられてしまったのである。


一方こちらはエクスカリバーの最上階。
かなりの高所のため、見晴らしは良好。日差しが強かった。
下の階からは警報がけたたましく聞こえてきたが、この部屋の主はお構いなしだった。
「レイド様!」
あわただしく、部屋に一体のロボットが飛び込んでくる。
蟷螂のような姿をした昆虫型ガンドロイドだ。
「この騒ぎはなんだい?朝からうるさいなぁ・・・」
発せられた声は幼く、ある種可愛らしい位だ。
「侵入者です!!・・・散々このあたりを荒らしまわっていた奴らが!」
マンティスタは叫んだ。おそらくトリンガーのことだろう。


「・・・ふーん・・・じゃあ、さ・・・ほら。エレクトラグにでも」
「行方不明です!」
即答。部下の一人は逃げたらしい。


「うわーっはははははは!!!どっけどけー!!」
一方のトリンガーはノリノリでガトリングを乱射していた。
周囲の壁はボロボロになり、警備ロボの残骸が飛び散っている。
・・・いろんな意味で凄い絵だった。
「ちょ・・・!まってよーーーーー!!!!」
追いつかないユウナは悲痛な叫び声。
「しかたねーな!ザラマリオン!」
「ぬお!?」
突然呼び出されたザラマリオンは、そのまま地面に突撃!
「ユウナ乗せてってくれ!」
「お願いザラちゃん!」
「ザラちゃん!?」

そんなドタバタをしているうちに、広間に出た。
・・・なぜか知らないが、すでに誰かが戦った形跡が残っている。
「・・・?先客・・・か?」
「・・・ただし。数千年前のものですが。」
「!」
部屋にマンティスタが現れる。
「失礼ながら。貴方の首、頂戴いたします・・・。」


数分後のことだった。
エクスカリバー最上階の展望室。
さきほどの声の主『レイド』が扉の方を向く。
バターン!
先例に倣い、勢いよくドアが開けられる。
「・・・きてくれたんだね・・・♪」
そこから出てきたのは、トリンガーの首を持ったマンティスタではなく、トリンガーそのものだった。
その顔は驚きに満ちている。

「ふふ・・・驚いてるね」
雲で日差しがさえぎられ、逆光が消える。
展望室はまるで子供部屋だった。
棚に置かれた玩具、本。
「それはさ、ボクが子供だからなのかな?・・・それとも・・・」
レイドは、水色のボディをした・・・
「ボクが・・・キミと同じ銃魔王だから?」


 

「お前も・・・銃魔王・・・!」
「キミの噂は聞いてるよ。ウチの使えないオモチャを壊してくれたんだよね。
 その点はお礼を言おうかな♪」
「・・・どういう意味だ・・・?」
レイドの言葉に少々憤りを感じた。
「でもね。」無視して続けるレイド。
「そのせいで遊べなくなっちゃうのがあるんだよね。
 ・・・だからさ。」
そう聞いた次の瞬間。目の前にレイドはいなかった。
気配を感じ、とっさに身を引く。
ヒュッ・・・
とんできた斬撃をギリギリでかわした。・・・はずだった。
「・・・!!」
腕には大きな切り傷ができている。
「・・・びっくりした?
 これがボクの武器。『神合金刀』。」
自慢げに腕の刀を見せる。
再三、レイドの斬撃。しかしどれも紙一重でかすり傷だ。
一瞬攻撃がやんだとき、トリンガーは感づく。
自分がかわしたたのではなく、レイドがわざと外した事に。
「ふーん・・・大したこと無いね。」
「何だと・・・絶対テメー泣かせてやるかんな!」
思い切りレイドに言い返した。・・・少々子供っぽい。
「・・・ちょ・・・ザラちゃ・・・待っ・・・!!」
扉の方が騒がしい。そしてトリンガーははっとした。
(・・・ヤベ・・・!ユウナのこと忘れてた!)
と思ったのもつかの間!
バッコーン!
勢いよく扉が開き、ザラマリオンとその背中に乗ったユウナが飛び込んできた!
「いっだー・・・」しりもちをつきながらつぶやくユウナ。
その背後に、レイドが一瞬で移動した。
「ぐおぁぁっ!!!」
ザラマリオンが斬られる。
「ザラちゃ・・・!!」
ユウナの喉元にはレイドの剣が。
「油断しちゃったね・・・トリンガーも。そこのトカゲ君も♪」
「離せ!そいつは関係・・・」
「そうはいかないなぁ」
トリンガーの言葉を遮るレイド。
「この子が鍵を素直に渡さなかったからこんな大騒ぎなんじゃないか。
 この罪はちゃんと償わないとね♪」

スゥ・・・
喉元に少しだけ、刃が当たる。

「そうだ!この子を使って遊んでみようか?
 本物の人間ってまだ壊したこと・・・」

「離せ。」
トリンガーの形相に、さすがのレイドも言葉をとめた。
「・・・わかったよ。んじゃ。」
ユウナを片手で部屋の隅に放り投げる。
「い゙っ・・・!」
「そこで見物してなよ。トリンガーがばらばらにされるとこ。見たこと無いでしょ?」」

「調子に乗りやがって!」
ガトリングを構えるトリンガーだが、その先にレイドはいなかった。

スパァン!!


 

鋭い音と共に、ガトリングのバレル(銃身)が斬れ、滑り落ちた。
「あっはは!!もうそれ、使いもんにならないよ!」
すぐ後ろから声がする。と思ったら右前方にレイドが現れた。
「・・・次はさ。キミの反応速度のギリギリ。」そういいながら、壁に足をかける。

フッ・・・

次の瞬間、トリンガーは胸に激痛を感じる。
大きくエンブレムが裂け、胸の転送装置(ガジェット召還用)が剥き出しになる。
「次は限界の一コ上!思ったより歯ごたえないんだね!」

「さあ、サヨナ・・・ふぎゃッ!」
突然、レイドが吹っ飛ぶ。とりあえずトリンガーは脚を後ろに出しているだけだ。
「・・・へへっ・・・そんなスピードなら・・・適当に足当てただけでもダメージだろ?」

相手は早い、だからただ単に突進してくるレイドに足を当てるだけでよかった。

しばらくして、レイドが壁にもたれながら立ち上がる。
「さーて・・・まだ泣かせてねぇぜ?かかって来いよ。」

「・・・フフ・・・フハ・・・ハハ・・・あははははははははは!!!!!」
突然、大声で笑い出すレイド。

「ふふ・・・あははは・・・絶対にやっつけてやるよ・・・絶対・・・壊して・・・
 コワシテヤルヨォ・・・コワス・・・ゥ・・・コワス・・・コワス・・・コワスコワスコワスコワス

 
ブッコワシテヤルヨォ!!


「・・・ッ!」
おぞましいほどの邪気、そして殺気。ユウナは背筋を突き刺されるかのような感覚に陥った。

「やっと本気になりやがったか。・・・そうでもねぇと楽しめねーや!」

ダマレッ!!
怒りのこもった斬撃がトリンガーを襲う!
「ぐ・・・は・・・!」

かなりのスピードで壁に叩きつけられ意識が飛びそうになる。
立ち上がろうにも身体が動かない。


「思イ知ッタァ?

レイドが歩み寄る。
「・・・・・・」

キミガドウアガコウガ・・・
無駄ナンダヨ・・・?」

「無駄・・・だと・・・?」

証明シテヤルヨォ・・・
 ソコノメスデネェ・・・

レイドの狂気の矛先はユウナに向けられていた。

「・・・あ・・・あ・・・!!」
声を出すのがやっとだ。
おそらくいままでで一番の恐怖だろう。


「・・・お前に・・・何がわかる・・・?」

「お前に・・・
ユウナの何がわかるってんだぁぁアアアアアアア!!」


莫大なエネルギーが瞬間、トリンガーから放たれた!!

何が起こっているのか自分でも理解できなかったが、先に身体が動いていた。

「おしえてやるぜ・・・!!
オレの・・・嫌いなモン3つをなァ!!

そう遠くは離れていなかったレイドに向かって、全力で飛びかかる!

『馬鹿じゃないのか?』レイドは思った。接近すればむしろ勝ち目は無くなる。わかりきったことだ。
最初の衝撃波はトリンガーの肩を直撃した。
いや。・・・トリンガーの装甲には傷一つ無い。弾かれている!

「・・・一つ!やる前から無駄だっつー奴!!」
がむしゃらに衝撃波を乱射する!!・・・トリンガーは止まらなかった!!

「二つ・・・!約束を守らない奴・・・!!」お構い無しにトリンガーは進む!!
もう直前だ。刀を振り上げ・・・叩き斬る!!

ガギンッ!!

刀を片手で止める!!

トリンガーの気迫に完全に押され、レイドには成す術が無かった・・・
・・・そして!!

「みっつめぇ・・・!!」
そこに飛んできたのは・・・!!

ゴシャァァッ!


「す・・・素手ェ!?」
唖然とするユウナ。技のチョイスに異議あり。

「・・・が・・・っは・・・」
トリンガー懇親の一撃に、レイドの頭部装甲の一部に亀裂が入る。

「オレの目の前に・・・立ちふさがる奴だよ・・・!!」

ど・・・しゃ・・・

レイドは・・・
地面に大の字になり、ピクリとも動かなくなった。
眼に値するレンズには、細かい文字が走っている。外部からの強いショックによる一時機能停止・・・という事だろう。

トリンガーを取り囲むエネルギーは消え、もとの赤い体が見えた。
「待たせたな・・・!ユウナ!」
振り返ったトリンガーには笑顔が咲いていた。
「・・・怖かったんだからぁ・・・!!」
急に力が抜け、トリンガーに支えられる。
さあ、町に帰ろう・・・


ドゴオオオオオオオオンン!!!


突然の爆発音に心臓が飛び出すかと思った。いや、確実に喉まで来た。
「な・・・なに!?」
ザラマリオンが叫ぶ。
「おい・・・!この塔・・・このままでは崩壊するぞ!」


極限状態再び、である。
トリンガーはこんな爆発ではびくともしない。しかしユウナは・・・
生身の人間である彼女は崩壊に耐えられるはずが無い。

「しかたねーな・・・」

塔を走って降りる余裕は無い。
かといって崩壊の中、ユウナを守り続けるのもかなり困難だ。
そんな時の行動は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

飛び降り。
 
 

「hニウェc@fy8kガギュ2fby2ゾflm23~~~~~~!!!!!!!!!!」
ユウナはトリンガーの腕に抱かれ、あまりにも声にならなすぎて文字化けするほどの悲鳴を上げながら
エクスカリバー横を落下していった・・・


(やっぱ・・・コイツに取り憑いたのは・・・間・・・違・・・)
エクスカリバー最上階。炎の中、レイドの額の機械が自壊する。
そして、その様子を見守るものが、一人。
「・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 
「・・・どうやらレイドが倒れたらしいな・・・」
ありがちな展開だが、とある場所だ。
「ししっ!やっぱかァ!もうじきだとは思ってたけどなァ!」
「"あのコ"・・・やっぱり失敗したみたいだわね♪」
「呑気なものでアルな・・・」

もう一方、今度は、そう。・・・テレビ局の控え室だ。
テレビにニュースが映っている。
「・・・ん・・・?」
そこに映し出されたものは、エクスカリバー崩壊のニュース。
「・・・かわいそーに・・・"アイツ"に近寄られたのが運のつき・・・だったのかな・・・」
そういって、テレビを見ていた女性は、スイッチを切った。

SOADの崩壊は瞬く間に国中に広がることとなる。
そして、ここ。シリンダータウンでも・・・
ちなみに。シリンダータウンとは実は俗称である。本当の名は・・・まだここでは明かさずにおこう。

「・・・」
ユウナは墓地に来ていた。少し荒れてはいるが、立派な日本式の墓地だ。
「・・・玖瀧(くだき)家ノ墓・・・?もしかしてじいさんのか?」
二人の目の前にあるのは『ユウナ』こと玖瀧優菜の祖父。玖瀧絨貴(じゅうき)の墓石だ。

「・・・ありがとう。トリンガー。」
トリンガーのほうを向く。
「あなたのおかげでここに・・・平和が戻ったんだ・・・」
そして、ゆっくり眼を閉じた。
「・・・なーに臭いこと言ってんだ。」
ぽん、とユウナの頭に手を置く。

「・・・にしてもよー・・・。ガンマオーってみんなあんくらい強いのか?」
今までに戦った銃魔王・・・いずれも苦戦を強いられた。
決してトリンガーが弱いわけではない以上、二人とも強い。といって間違いない実力だ。
「だろうね・・・たぶん。」
「・・・んじゃ、よ。もしオレが全員倒したら・・・オレが最強だよな?」

「・・・?」
突拍子も無い質問に、言葉を失うユウナ。
「決めたぜ!全部のガンマオーをぶっ倒してオレが最強のガンマオーってコトを確かめてやる!!」

「そうと決めたら即行動だぜ!・・・とりあえず情報収集に都市にでも行ってみるか!!」
そう言い放ち、適当な方向を指差すトリンガー。
「・・・ねえ!あたしも一緒に行っていい!?」
「・・・!」
「どっちみち・・・道とかわかんないでしょ?」
「・・・それも・・・そうだな!」

「・・・これから始まる・・・!オレの旅と伝説がな!!」

夕日に向かってそう誓ったトリンガーのボディーは山吹色に照らされ、美しかった。

目的地は、近隣の大都市、通称『フルメタルポリス』!!


「あ・・・ちなみに町はそっちじゃなくてあっちね」

Stage3&
Aria1(第一章)終わり・・・

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

イラストがきれいだな。
しかし小説を書いていたのか。
とりあえず、内容が熱かった。

ごめ、イラスト重視で見てたwwww
つか、なげぇなwwwww

>>KUMAさん(略すな
ありがとうございます。四苦八苦した結果です。
というか親サイトも見てくれ・・・
>>るみこさん
そりゃ、第1章ラストですから。

ユウナってだれ。。(--
プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード