FC2ブログ

戦!?

カキィン!キン!シャキィン!


激しい鍔迫り合い。両者の実力は、ほぼ互角のようだ。
「邪魔ぜよ!拙者らの仕事を邪魔せんで欲しいぜよ!」相手の・・・銀と青の改装機が叫ぶ。
「こっちもコレが仕事でな!」ツルギの返答である。

「んじゃ、今回はてめーらと競うことになるってか!?」
「・・・きいてない・・・」
端の方。
二人の改装機が声をかける。
・・・かたや銀色にファイヤーパターン、かたやショッキングピンクとも言うべき色をしている。

「な!なんや!まだいたん!?」
「・・・相手になるわよ!」

 

「ちょ!お前ら手伝うぜよッ!」
ポテトの恨みだ!」ファイヤーな方が言い放つ。すこし怒っているようだ。
「・・・ぽてと・・・?それに・・・この声・・・!」ツルギの記憶チップから朝の光景が・・・
「お?まさか気づいたか?」
「お前達・・・!朝のあの3人組!」
戦っている改装機が距離をとる。
「・・・やはりばれたか・・・まあいずれわかるとは思っていたが・・・」
「何者だ!?貴様らはッ!」
「ふう・・・」やれやれ、と言った感じで彼は口を開く。

「・・・アンタらの同業者ぜよ!・・・刃戦団!」

「何!?」
「拙者の名はザンゲツ。影道衆の一応リーダーぜよ。」
「・・・影道衆・・・?」聞いたことがない、と言ったような表情。

「そりゃわからんさ。ボウヤ達とは違って裏の仕事人だからね。」

「・・・この声・・・」ヤイバが感づく
「ひさしぶりだね!・・・ヤイバ。」どこからともなく、女性型の改装機が現れる。
後頭部には飾り紐、そして和風なカラーリング。
「スライか。・・・と言うことは・・・・・・お前の弟子か?」
「そういうことさね。」

「な・・・何?どうなってんの!?」ビルの外にドラキュリアが羽ばたいていた。
「ドラキュリア!?なんでここに!」
「伝言よ!もう車、出発したわよ!」
「まずい!」ザンゲツが呟く。

「行かせるか!」ツルギがとめる。
「ええい!まだ気づかんのか!?」
「・・・どういう事・・・だ・・・?」
「あいつに何を言われたかは知らんが、あいつを逃がすわけにはいかんぜよ!・・・世界が・・・終わる!」
「・・・まさか・・・スライ・・・!?」ヤイバがもらす。
「・・・Aremustec(あーむずてっく)・・・!?」
「そういうことさ。ザンゲツ!アイツを追いな!ここはあたしたちが食い止めとく!」
「・・・!了解ぜよ!」そういうとザンゲツは空へ飛び出す!肩アーマーが翼に変形、そして夜の空へ・・・消えた。

「さって、こっちも忙しくなるよ。」スライの言葉、この場に居る

ほとんどのものには意味不明だった。
しかし、次の瞬間、全員が理解する。・・・何か、いる!

 

「・・・・・・・・・・・」何か、は無言で、こちらに近づいてくる。
「・・・こいつら・・・何・・・!?」ドラキュリアの声、少しおびえている様子。
対人戦闘兵器。あんたらの依頼主はこいつらを輸入したのさ。・・・それだけじゃないけど。」
「ナルホドのう・・・やっと話がつながったぞい。ツルギ!カマイチ!アクシィ!」

ヤイバの一声に三人が反応した。

 

「今まで・・・何もしていなかったわけではあるまい。おぬしらの実力を見せてみろ!!

・・・やるぞッ!」

その言葉が刃戦団の心を揺さぶる!

「「「了解!」」」

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード