FC2ブログ

ep02・・・『女性関係-ヒロインの必要性』

隣のクラスか・・・あ。いたいた!
 それにしても・・・あのシャツは有り得ないなぁ・・・」

 

Metal-Triale
ep02・・・『女性関係-ヒロインの必要性』
 
 
下駄箱。それは甘酸っぱいなんていってる場合じゃないニオイも混ざる謎の箱だ。
しかし、鍔輝のくつ箱からは若干甘酸っぱいニオイの手紙が出てきた。
「・・・どうしたものか・・・」
「なんだ!?ついにお前にも浮いた話が来たのか!?」
キバのテンションはほうっておこう。ウザい
手紙の中身を要約すると、放課後に屋上に一人で来いという事だった。
よくある文章だが若干字が汚いのが気になる。
 
「悪いが俺は店のほうが忙しくてな!がんばれよ鍔輝!」
・・・もうこいつはダメだ、早く何とかしないと・・・
 
そんなわけで、早くも放課後。指定通り屋上のドアを開ける。
若干手が震えているのは別にそういう意味ではないぞ!!ただの武者震いだ!そうだ!
 
・・・もいない。
「指定したほうが遅刻とは・・・どういう・・・」
「こっちこっちー!」

後ろ・・・か!?)
振り向いた瞬間、頭上を・・・というか女子頭上を飛び越えて鍔輝の前に着地した。
白いリボンで縛られた長い茶髪が地面につく直前に彼女は立ち上がり、こちらを振り向く。
見た感じ1年生だろうか。
 
「こなかったらどうしようと思ってたよ!シロガネくん!」
「・・・?」(なんだ?なんか妙に軽くないか?というかタメ口って・・・)
「あ、あたし隣のクラス倉崎 咲楽(くらさき さくら)。よろしくねっ!」
「あ、ああ・・・」突き出されたを握り返す。
・・・期待してたものとはずいぶん違う。
ときめきを返せ・・・あ、いや、ときめいてなんかいない!
 
「・・・あ、あの。」
あからさまな「何?」という顔。かなり顔に出るタイプらしい。
倉崎・・・さん?一体オレになんのだ?」
「・・・ああ、もう本題入るんだ。」
ああって。本題はもちろんあれだよな?あれなんだよな?
そんな期待のまなざしを読み取ったのかは知らないが、彼女はどこからともなくプリントを出した。
部活の勧誘。」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード