FC2ブログ

ep01-3

何とか間一髪のところで攻撃をかわすが、攻撃のかすった制服はボロボロになっていく。
「うぜぇな。ちょろちょろしやがって。」
「・・・」(どうやらこれはオモチャじゃあ無いみたいだな・・・!!)
説明書は熟読した。だが、うまくやれる自信無い
(・・・いや・・・うまくやれるかなんて関係ない・・・!!


 やるかやられるか・・・!!)


一か八か。Metalを突き出す。
「よこす気になったのか?それとも・・・」
「よこさない方に決まってるだろ・・・!」

 

親指中指左右認証スイッチを。

人差し指でピックのような基盤・・・メタルカードを押さえる。

 

トライアル!!」

 

ピコン!という電子音の後、アナウンスが流れる。

 

-Password authentication. Decompression beginning. -
-TRIAL-

 

「おぉおお?」
一瞬の光の後、鍔輝の右腕両脚に、何か機械が装着される。
腕には刀のようなものが、脚には・・・ブースターがそれぞれセットされている。

 

いい感じじゃねぇか。俺が頂いたぁ!!」
刈真のチェーンソーがうなり声を上げ、頭上に飛び掛ってくる。
「・・・ッ!!」

 

ゴウッ!

 

右へのステップの瞬間、ブースターが火を噴き、予想をはるかに越えたスピードで跳躍する。
「うっ・・・お・・・!」
「・・・マジパネェだろソレ・・・うらぁ!」

チェーンソーの攻撃。右腕をとっさに出すと折り畳まれていたが展開した。

 

ガキィン!!

 

「ぐぁ・・・硬ってぇ・・・!!」

刈真がひるんだ一瞬のスキをついて、後方に走る

説明書によると、Metalとは・・・

データの入った『メタルカード』と、それを読み込み、解凍する『ドライバー』がセットとなった
超大容量物質記憶デバイスである。

 

解凍された機械には、どこかにドライバーが制御コアとして組み込まれている。
つまり。それを破壊すれば・・・

「逃げてんじゃねぇぞコラァ!!」
激昂した刈真がこちらに走ってくる予想通りだ。

後は・・・


ゴオォ・・・ドォン!

ブースターを使った大ジャンプ
鍔輝は突進してきた刈真の頭上を飛び越える。
振り向きざまに、背中を見ると・・・あった。制御コアだ。

「おおおおおっ!」

 

ザンッ・・・!!


 

 

「んー・・・あの子、なかなかセンスあるんじゃない?先生。」
「そうね。初戦でここまでMetalを使いこなすなんて・・・運命かもしれないわね。」

 

 

 

坂金 刈真はその後、警察に御用となった。
Metalは、コア破壊するとその時点で機能を停止し、解凍されたままの状態となる。
今回は当たり所が悪かったらしい。コアは派手に爆発し、刈真は気絶
手に握られたチェーンソー被害者の傷跡と一致し、それが決定打となったという。

 

「ふーん。よくそんなのと会って逃げなかったな。」
キバをはじめ、人にはMetalのことは話さなかった
どうやら、このMetal、刈真のように他人のMetalを狙うものもいらしい。

 

突如始まった非常事態。もしかして、退屈な日常から脱出できるのではないか・・・
鍔輝は心のどこかでそんな期待を持っていた。

 

 

 


ep01
Compreat

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード