FC2ブログ

かいぞーき!高速のレースクイーン?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

痛みはなかった。

 

 

 

だが、少しづつ、違和感に気づき始めていた。

痛みはないが、感覚はある。

おそるおそる、目をあけてみた。

 

オーナーは、目をひん剥き、扉を凝視している。

いや、その表現は正しくない。

 

「なんだ・・・お前は!?」

蹴破られたドアの上に、水色をした小柄の犬型ロボットが立っている。

それは姿を変え、改装機となった。

 

「ケイジロウ・・・さん?」

「心配で・・・尾行けて来たでありますよ!」

エイナのほうには笑顔を、そして・・・

「警察だ!!おとなしく投降するであります!」

額の桜の大紋と、厳しい目をたたきつけた!

 

「は・・・はは・・・!!何ができる!お前も一緒にあの世へ・・・」

 

 

パァン!

 

手に持ったレンチが弾き飛ばされた。

 

「・・・殺傷力はないが・・・次は容赦ないであります!」

 

小型の拳銃。オモチャ同然だが、ハッタリは効いていた。

 

「く・・・そ・・・っ!!」

力なく、へたり込むオーナー。

「さあ、さっさとお縄につくであります。」

ケイジロウはどこからともなく手錠を取り出す。

 

「・・・ざんねんだったな・・・!!」

ギリギリの、極限状態のはずだが、まだ何か余裕だ。

オーナーは壁掛け時計を見て、にやり、と笑う。

「今日のこの時間・・・また"会議"が入ってるんだよなぁ・・・

 今、この場にアイツらが入って来たら・・・どうなるだろうなぁ?」

 

マズい!・・・ケイジロウは一瞬だがたじろいだ。

アイツら、つまりエイナを殴り、ゴミ捨て場に廃棄した男達は・・・いわゆる暴力団組員だ。

この状況では、エイナを護りきることはまず無理だろう。

万事休す・・・か。

 

 

 

 

「アイツら、って・・・コイツらのことか?」

窓の外で、飄々としているくらいの余裕の声が聞こえてくる。

窓の外には・・・

 

倒れた屈強そうな男達、それからその中心に立つハウンドと、

あのときの警官だった。

 

「ウ・・・ソ・・・だろ・・・!?」

 

 

つづく

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード