FC2ブログ

23話21ページ

21_20130222030600.jpg

天然のたらしというか、無意識に口説いてるというか。
デレ回、23話これにて。

ところで、1ページ目の脚のシルエットと
サテラの足が一致してないの気づいた?
スポンサーサイト



テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

23話20ページ

20.jpg

「今週のお話もたいへんだったねー」みたいな感じだなこれ。
ちなみにカイタローとシャウトが持ってるのはゴール賞品のストラップです。
これも劇中劇キャラで、ドラキュリアが好きなキャラだったり。

23話19ページ

19_20130215014308.jpg

夜は更ける。

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

白金のお姫様・出演キャスト様について

白金のお姫様特設ページにて出演キャスト様全員分の紹介
というか、声つきキャラのページを公開しました。

具体的に言うと鍔輝役の硴大地さんとネタバレのため伏せてるキャラ役の日暮惣太さん。

それから、特設ページおよびサイトトップのフレーム設定をちょっと変更。
トップに関しては下側にしてようかなあ。

ep04

普段通りの放課後。
木羽が何やらつぶやいている。
「俺の成績、終わったぁああああ!!」

期末テスト。
高校生の修羅場というやつだ。

mt04.jpg
Metal-Triale
ep04・・・『テスト泥棒-逆転鍔輝』


「お前なぁ・・・まだ1週間あるんだぞ?」
この男、今日この日まで勉強というか、授業を睡眠で過ごしていた。
残り1週間では挽回不能な気がするが、一応社交辞令ってやつだ。


「お前はいいよな!勉強しなくても点採れるもんな!!」
別にオレだって、勉強しなくて点が取れるわけではないのだが、
まあ・・・今のコイツに何を言っても無駄だ。

さて、ここ数日はテスト週間ということで部活はない。
Metalを悪用するような生徒も今はテスト勉強で必死なのだろうか。最近は目立った事件もない。
そんなわけで少し校内をぶらつくことにした。
どこを見ても頭を抱える生徒、カバンを抱える生、テスト勉強をする生徒、ペンを投げ出す咲楽。
・・・今知り合いが無様な姿をさらしていたが気にしないことにしよう。

「おまえがやったのはわかってるんだ!来いっ!」

職員室の横から絶望と苦悩にあふれた雰囲気に似合わない大声。何かと思ってそちらを振り向く。

「ち・・・がっ・・・!!」
制服をキッチリ着た男子生徒が眼鏡の女子生徒の腕をつかんでいる。
穏やかではない光景だ。

「おい、どうしたんだ?」
「なんだお前!?お前には関係ないだろ!」
当然ながら突っぱねられるのだが、俺はこう答えた。

「・・・悪いな、トラブルに首を突っ込むのがウチの部活の役目だ。」

我ながら、カッコつけたというか、・・・変わったな。俺も。
男子の顔が苦々しいのが、少し恥ずかしい。

女子の名前は流院 呈華(りゅういん ていか)。2年生。咲楽と同じクラス。
そして男子の名は観上 満人(かんじょう みつひと)。同じく2年で生徒会執行部所属。
ふたりの「もめごと」をまとめるとこういうことだ。

テスト期間中、職員室横に特設される先生がたの作業部屋
テストの問題や答案を作るための通称「お宝部屋」から流院が答案用紙を盗んだというのだ。
その瞬間通りかかった観上が捕まえた、とのことである。

「ち、違います・・・っ!だって私、ここに、答案が落ちてたから・・・ッ!」
「見苦しいぞ、すぐにばれるような嘘をつきやがって!
両者ヒートアップ・・・というか、観上が一方的に追い詰めているような印象もあるが
それは流院の態度がそう見せているのだろうか。

普通なら怒り出しそうなものだが、彼女は「盗んでいない」の一点張り。
今にも泣きだしそうなほどに見えるのだが、それでも耐えているというか・・・
少なくとも、嘘を言っているようには見えない。

「一応確認したいんだが・・・流院が盗んだという証拠は?」
何を言ってるんだ、といわんばかりに観上が流院の手、二つ折りにされた用紙を指さす。
「いま、この時点で答案用紙を持ってるのが何よりの証拠だ。
 毎回成績上位にいたのはこういうことだったわけだ。そうなんだろ?」

そういえばこの観上という男、テストでは毎回成績上位に食い込む優秀者だ。
この学校では成績上位10名の名前が(点数は守秘されるが)公表されることになっている。
どこかで聞いた名前だと思ったが、すぐそばの壁にかかった成績表に二人とも名が載っている。

手に持っていたスクールバッグを放り投げて、
今にも流院に掴み掛りそうな観上を抑えて、今度は流院に目をやる。
「キミは・・・その答案用紙を拾って、どうしようとしたんだ?」

カバンにしまおうとしたんだろう、という観上の言葉をさえぎる形で流院が口を開く。
「せ・・・先生に渡さなきゃ、って思いました。だから、二つ折りにして・・・」

「待った。」
鍔輝が流院の言葉を止める。
先ほどよりも少し険しい顔つきだ。
「この答案用紙を・・・二つ折りにしたんだな?この形に。中身が見えないように。」
まるで刑事の取り調べ、いや裁判のようだ。・・・さすがにそれは言いすぎか?
「え・・・あ、はい。」
「ちなみに、中は見たか?」
「あ、あの・・・一瞬だけ。めくったとき、期末」
「言っておくが俺もみてないからな。俺もカンニングを疑われたら敵わん!」

「一つ・・・、観上。」
まだ何かあるのか。もういいだろう、とばかりに観上がオレをにらむ。


「なぜ、この用紙が答案だとわかった?」


「は?何言ってるんだよ。そんなの見ればわかることじゃないか。」
「見ればわかる?どこを見ればわかるというんだ?この二つ折りの用紙を見て・・・」

違和感の正体はこれだった。
流院が持っていたこの用紙の中身を知っている生徒は流院のみ。
それなのに観上は答案用紙だ、と断定して流院を捕まえていた。その違和感・・・

「そもそも、これは本当に答案なのか?」
「は!?な、何言ってんだ!さっき流院が・・・」
「言い方を変えるとだな、これはいったい何の答案なんだ?」
とは言ったものの、中身を見るのはさすがに問題だ。
・・・いや、すでに問題になっているのだが、さらにそれを悪化させるかもしれない。

「見てもいいわよ。中身。教師として許可するわ。」

いつのまにか周囲には数人の野次馬が集まっていた。
それを察知してか否か、野次馬をかき分けるように女性の声が入ってくる。
この声・・・早乙女先生だ。授業中にふざけた生徒を昼休みにソロライブさせた一件。
通称『お昼の公開処刑』で知られる音楽室の女王・・・もとい音楽教師だ。

「取り調べごっことは随分と不謹慎な遊びをしてるのね。
 その中が見たいんでしょう?さっさと終わらせなさいな。」

その言葉にすがるように、観上がプリントを奪い取って開く。
中身は・・・

「なっ・・・違っ・・・!」

小声だったが確かに聞こえた。流院も聞き逃さなかったらしく、一瞬ハッ、とした表情をする。
そして、この俺自身も確かに聞いた。「違う」と、その一言を。


「何が”違う”んだ?観上。」
ぱっ、と観上からプリントを奪う。中身は国語、期末テストのプリント用紙だ。
ただし・・・答案ではなく、問題用紙だった。


「・・・知っていたんだな?ここに落ちていたのが答案用紙だったということを。
 それはなぜか?」

もはやここまで来たら引くことはできない。
少々のハッタリを織り交ぜて突きつける。

「お宝部屋に侵入し、答案用紙を盗んだ犯人・・・それはお前だからだ!!」

我ながら、よくもまあ証拠もなくこんなことを言えたものだ。
しかし・・・

「は!?えっ、な、な、な、何をッ・・・!!」
明らかに観上の顔はひきつり、冷や汗があふれ、明らかに動揺している。
この反応こそ、俺の疑いを確信に変えてくれた。

「答案がなくなっていることはおそらく、すぐにバレるだろう。
 ということは・・・だ。今バレてない以上、それを盗んだのはごく最近・・・
 おそらく今日、それも数分前・・・」
と、自分でも驚くほどに饒舌に畳み掛ける。

「つまりだ。お前はお宝部屋に侵入して答案用紙を盗み出した。
 そして部屋を出るとき答案を一つ落としたんだ。
 それに気づいて戻ってきたお前は、プリントを拾った流院を発見した!!」

もはや動悸と痙攣で言葉すら出ない観上。

「どうした?違うのなら違う、と言えばいいじゃないか。」



「な、なんで・・・」
やっとのことで、言葉を紡ぎ出した観上。その声は震え、今にも倒れそうだ。
「なんで・・・わかったんだ。俺が・・・盗んだってよぉ・・・!」

今お前が教えてくれたよ。と俺が笑顔で言うと、観上は力なくうなだれた。




「あ、あのっ。・・・あ、ありがとう・・・ございます。」
早乙女先生に連行される観上を背に、流院が俺に声をかけた。
「ん?いや・・・余計なことしたかな、とも思うんだけどさ。
 なんていうか・・・アイツなら、こうしたかと思って。さ。」

おそらく広報部の部長なら・・・咲楽なら。
この騒動に首を突っ込んだだろうし、納得のいかないまま流院を見捨てることもしなかっただろう。
そんな考えをしてしまうほど広報部から・・・彼女からうけた影響は大きいらしい。

「その・・・名前、・・・教えてもらっても・・・いい・・・ですか?」

俺は無言で、成績表の一番上を指して、こう言った。
「広報部の白銀鍔輝だ。また何か困ったことがあったら部室へ来い。」


















ep04
Compreat

23話18ページ



暗い夜の森の中でおっさんが鼻血を出して倒れている光景。

「なんか踏んだ」っていって真下に獏がいてもよかったんだけどね。

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

十字王 -後編- 2


「なあ、旦那よ。あんたがバリスタをジャックしちまえば話は早いんじゃねえのか?」
その言葉を聞いて、アームが顔をしかめる。
「わかって言っているのですか?
 彼や私にはある程度電波干渉を防ぐ能力が備わっています。
 せいぜい体の動きを鈍らせる程度しか期待できないでしょう。」
まあ、当然のことながら指揮官タイプとして開発された以上、他のテックボットには
ないような機能を持っているのも、不自然な話ではない。
要するに、つくりの基礎が違うのだ。


フィンクを横目に通路を進むとオフィスエリアにたどり着く。
廊下に並んだ扉のひとつ。唯一ノブが傾いた扉を
勢いよくはじき開けると、ある『ニオイ』が襲ってくる。

オフィスに充満したこの苦く渋い薫り・・・コーヒーの匂いだ。
見ると室内に設置されたコーヒーメーカーが、カップから溢れて床を濡らすほど
中身のコーヒーをはきだしつづけている。

「あきらかに・・・バリスタの仕業、ですね。
 てあたり次第に機械を暴走させているようですが、陽動のつもりでしょうか?」

ガコンッ!ボン!

背後の扉が閉じ、軽い爆発音が響く。
アームが苦々しげに、煙を上げた扉横のカードリーダーをにらみつけた。

「シャレたマネしてくれるじゃねえか。俺たちを閉じ込めたつもりかい?」

閉じた扉は防災のため厚くできており、簡単に蹴り破れるほどヤワではない。

が。

「改装工事だと思えばいいだろ?
 ちゃっちゃと叩き斬ってズラかるか。」

ブレイドが背中の剣に手を伸ばすとアームがそれを静止する。
「どうせ壊すならこっちでしょう」
そう言うと、アームの胸部装甲が開き、備えられたエネルギー砲が露出する。
おいおい、本気か・・・と顔をひきつらせるブレイドをよそに、
アームの胸に熱が集まり、光球となって発射された。

衝撃波のような熱風が周囲に放射され、ズガンッ!!という轟音と共に、扉とは別方向、
ホワイトボードのかかった壁が破壊される。
「どのみち、新しいものに取り換える予定ですし。」

なんとか壁としての体裁を保っている壁面に前蹴りを入れて、壁に大穴を開けるアーム。
顔には出さないが、内心そうとう頭にきているらしい。仕草からそれが見て取れた。
「あなたの皮肉グセがうつったようですね。そう思いませんか?
バリスタ。」

土埃のまう壁の向こう側。
足を組み、隣室の長机に腰をかけ、不敵な笑みを浮かべる
バリスタに向かって、アームはつぶやいた。
プロフィール

山

Author:山
オリ人外キャラ好きのCURURU難民です。
創作系の漫画や小説やってます。
本拠地はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード